女性用育毛剤を選ぶときに考えたい3つのポイントとは?

男性用に比べるといくぶん種類の少ない「女性用育毛剤」ですが、近年の女性の薄毛の増加によって増えつつあるようです。また、女性の薄毛にもいくつかの種類があるので、育毛剤選びにはある程度の知識が必要です。

はじめに

女性の薄毛は1つではなく、時期や原因によっていくつかの種類に分けられます。

自分の薄毛の原因を良く理解していないと、的はずれな育毛剤を選びかねません。

また、育毛剤選びには「安全性」も同時に考える必要があります。

ここでは、女性の薄毛の原因ごとに育毛剤選びのポイントを3つご紹介いたします。

女性の薄毛の種類

女性の薄毛の種類は以下のように分類することができます。

1.女性ホルモンの低下

2.毛根に負担をかけるヘアスタイルによるダメージ

3.血流の悪化

1)女性ホルモンが低下する原因は、「出産後」「閉経後」です。
出産後の脱毛症は時期がくれば完全になおりますし、閉経後の脱毛も更年期を過ぎれば改善の方向に進みます。

2)ポニーテールやパーマ、ヘアダイなどによる毛根への負担によって髪が抜けます。

3)食事や運動不足などで血流が悪化したことによる脱毛症の原因です。

育毛剤選びのポイントは3つ

自分の脱毛症の原因をまず確認し、そしていよいよ育毛剤選びをはじめましょう。

1.女性ホルモンの低下によって起きる薄毛には、「ニンジンエキス(朝鮮人参)」や「オウゴン」などの成分が配合されたものが有効です。

とくにニンジンエキスは安全にホルモンバランスを調整する能力が高いといわれています。

2.毛根への強いダメージが原因となる場合には、頭皮環境を整える成分が必要です。

「グリチルリチン酸ジカリウム」や「センブリ」などは、炎症を抑えて頭皮にうるおいを与えます。

また、柑橘系の果物から取れるエキスは頭皮だけでなく、全身の皮膚細胞を活性化させる効能があります。

みかんやゆずなどの産地の人は、男女ともに薄毛が少なく肌もきれいだということが証明しています

これら自然の生薬が原料なので、副作用などの心配もいらない安全性の高いものです。

また、安全性を考慮するならば「無添加」に近いものを選びましょう。

3.血流の改善には「グリチルリチン酸ジカリウム」や「ニンジンエキス」などが効果的です。

これらは男性用の育毛剤にもさかんに配合され、薄毛改善効果をあげている優秀な成分です。

できれば、軽い運動を取り入れたり、動物性脂肪を控えるなどの育毛剤以外の努力も同時に行うと効果も高まるはずです。

まとめ

女性が育毛剤を選ぶときに考えたい3つのことまとめ

1.女性ホルモンの低下時期かどうか?

2.無理なヘアスタイルで毛根に負担をかけていないか?

3.生活習慣が原因で血流が悪化していないか?

自分の薄毛のタイプを考えて、それに合った育毛剤を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です