男性が柑気楼(かんきろう)を使っても薄毛改善効果はある?

男性にも使えるか?実際はどうなの???

女性層を中心に利用者が多い「柑気楼(かんきろう)」は、男性の中にも使ってみたい、という方がおられるようです。はたして、柑気楼には、男性の薄毛を改善できるような成分は配合されているのでしょうか?

柑気楼は、育毛剤の草分け的な存在ですので、ほんとうにたくさんの方が愛用されています。

そして、「自分の妻が使って効果があったから」という理由で、旦那さまの方も興味をもたれることが少なくないようです。

しかし、男女では薄毛のメカニズムも違うといいますから、あまり男女兼用の育毛製品は見かけません。

柑気楼(かんきろう)ははたして、男性の薄毛にも効果があらわれるのでしょうか?

男女で違う薄毛の原因、共通の原因

男女での薄毛の原因には「共通するもの」と「まったく違うもの」があります。

以下を参照してみましょう。

〈男女で違う薄毛の原因〉

  • ホルモンバランスが関係したもの
  • 〈男女で共通の薄毛の原因〉

  • 血流の悪化
  • 頭皮環境の悪化
  • このように、「男女では原因が違う」と言われてきた薄毛の原因ですが、3つあるうちの2つは共通しています。

    柑気楼(かんきろう)の中には、血流を良くする成分、頭皮環境を整える成分が豊富に含まれますから、男性にも十分に効果が期待できるようです。

    「男女で薄毛の原因が違う」という誤解が生まれた理由

    ではなぜ「男女で薄毛の原因は違う」という誤解が生まれたのでしょうか?

    それは、画期的な薄毛治療薬「フィナステリド製剤:プロペシア」が登場したことが理由のようです。

    プロペシアは「男性型脱毛症(AGA)」に対して高い改善効果が認められた、世界初の脱毛症治療薬です。

    プロペシアは、5αリダクターゼという酵素が、強い脱毛司令を発するジヒドロテストステロンという物質を作りにくくすることで脱毛症を改善します。

    しかし、女性の薄毛にはこういったメカニズムがありませんので、プロペシアはまったく効果がないのです。
    このプロペシアの存在が、男女共用の育毛剤を否定する説につながったんですね。

    多くの男性が柑気楼の効果を実感

    プロペシア発毛効果が高い、といっても、すべての男性にあてはまるわけではありません。

    薄毛男性の約半数くらいにしか効果がないのです。

    ですから、残りの半分の男性は「原因がホルモンバランスではない」ということになります。

    柑気楼(かんきろう)は、実際に多くの男性が利用して、その効果を実感できています。

    おそらく、プロペシアの薬理に合わなかった薄毛男性です。

    柑気楼には、ジヒドロテストステロンを発生させいないようにする効果はありませんが、それ以外の薄毛の原因には十分に対抗できる成分が含まれているんですね。

    まとめ

  • 男女の薄毛の原因には共通するものとしないものがある
  • 約半数の男性はホルモン以外の原因で薄毛になる
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です